君の声を聞かせて-chikuraのアニマルコミュニケーション

ペットちゃんの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraです。アニマルコミュニケーションで、ご家族の幸せの底上げをお手伝いさせていただきます。メールセッションの他、新宿・四ツ谷・荻窪・関東内のイベントで対面セッションもおこなっています。

二度目の捻挫

 

愛犬・小藤が、この前右前脚を痛めてしまい、引きずっていました。

公園でボール遊びをしようとバッグからボールを出し、小藤が嬉しそうに走り出そうとした瞬間、小藤が右前脚をあげて動かなくなり・・・。

帰りに動物病院に行こうと思ったけれど、午前の診察には間に合わず、午後から行こうと思ったら小藤がイヤイヤしてしまい、結局翌日になりました。

 

家にいる間は痛そうに引きずっていたけれど、様子見がてら動物病院まで少しお散歩しようと思ったんですね。

そしたら、まったく引きずらない。それどころか「病院行く行く!」と歩くのも速くて^^;

悪くなってもいけないと思い、途中から抱っこして病院へ向かいました。

 

家にいる間は痛そうだったので、もしかしたら骨折したのかな?と心配だったけれど、診察中床に下ろして歩く様子を見てもらったら「全然平気そう!」と言われ(笑)

先生がリードを持ち、小藤は院内の匂いに興味津々でグイグイ引っ張る引っ張る。

「こんなに引っ張る力があるなら大丈夫ね」と。

痛み止めも必要ないとのことで、何もせず(?)終了~。

 

実は去年も同じことがあり、同じ病院で診てもらったんですが、なぜかお散歩や病院だと全然平気なんですよね~。

その時もお散歩を少しだけ控えて、特に何もしなくても大丈夫ということで、ホントにその通りすぐに治りました。今回も同じです。

 

亡き愛鳥のこぶが、目が腫れるたびにバードクリニックへ行っていたのですが、なぜか病院に着くと腫れが治ったりなんてことが何度かあって、ふとそんなことを思い出しました。

 

Twitterで藤井動物病院さん(小藤が通院している病院ではありません)をフォローさせていただいてるのですが、今朝こんな投稿が。

twitter.com

なるほどー。

去年の今頃も同じように捻挫しているので、冷えもあったんでしょうかね。

赤外線ヒーターもこたつもないのだけど、小藤も3月で10歳となるので、ヒーターは検討しなくてはいけないお年頃かなと思いました。

 

とりあえず骨折でなくて良かった。f:id:chikura-animal:20181125161636j:plain

早く良くなって、こんなふうに遊べるといいな^^

 

<お知らせ>

2018年12月9日(日)浅草「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」にアニマルコミュニケーションで出展いたします。ブース番号161でお待ちしております♪

詳細は、お手数ですが下のリンクをご覧ください。 

chikura.hatenablog.com