君の声を聞かせて-chikuraのアニマルコミュニケーション

ペットちゃんの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraです。アニマルコミュニケーションで、ご家族の幸せの底上げをお手伝いさせていただきます。メールセッションの他、新宿・四ツ谷・荻窪・関東内のイベントで対面セッションもおこなっています。

アニマルコミュニケーターになろうと思ったきっかけ③

アニマルコミュニケーターになろうと思ったきっかけ① - 君の声を聞かせて-chikuraのアニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーターになろうと思ったきっかけ② - 君の声を聞かせて-chikuraのアニマルコミュニケーション

 ↑こちらの記事の続きになります。

 

愛鳥こぶが旅立ってから2年ちょっとのある日。

ヒーラーの友人が通っていたスピリチュアルの学校のHPを見ていたら、活躍中の卒業生一覧に「アニマルコミュニケーター」という方を見つけました。

「アニマルコミュニケーターって何?」と、その卒業生のHPに飛び、驚きました。

当時動物と話すハイジさんは知っていましたが、日本にもそんな人がいるの!?と。

 

HPを見ている間、次々とこぶに聞きたいことが浮かんできました。・・・が、セッション料を見てみたら、結構なお値段。

帰宅した夫に話したら「俺は小藤(愛犬)の言葉を聞きたい」と、意見が分かれました。

こぶと小藤2匹だと、さらにかなりのお値段。んーどうしよう・・・

 

その瞬間、「そうか、私が聞けばいいんだ!私ならできる」と思ったんですね。まったく根拠のない自信です(笑)

すぐにアニマルコミュニケーションの講座を調べ、東日本大震災があったりで受講は少し伸びましたが、こぶの死から2年半後にアニマルコミュニケーションの講座を受講しました。

 

こぶが、あの日の私のことを怒っていないか、そして私と暮らして幸せだったのかを知りたかった。

でも「私が聞けばいい!」と思った瞬間は、すでにプロのアニマルコミュニケーターになると決めていたというか、そうなると疑っていませんでした。これまた根拠のない自信です^^;

 

そして講座では、受講生同士でセッションをした時にこぶの言葉を受講生から聞きました。

けれど自分でちゃんと聞くことができず、受講してから半年後くらいにようやく聞くことができたのです。

キライって言われるかも・・・どうしてあの日家にいてくれなかったの?と責められるかも・・・と、物凄く怖かったのです。

 

でもこぶは最初に「ママ、待ってたよ。ずっと待ってた」と私に声を掛けてくれ、そして私と暮らしていたことが幸せだったということ、あの日のことはまったく怒っていないということがわかりました。

初めてこぶの声を私の心の耳で聞けた時、そしてもう体温を感じることはできない姿を私の心の目で見た時、それだけでもう胸が熱くいっぱいになりました。

そして最後に「ずっとママのこと見守ってるよ」という言葉もキャッチしましたが、当時の私はまだ習いたてだったので、この言葉に深い意味があるとは思わなかったのです。

 

講座を受講して現在はもう7年半になり、私は人よりもたくさん遠回りしてきました。

でもその間に、こぶが言った「ずっとママのこと見守ってるよ」という言葉が本当だったことを何度も確認したのです。

 

そのうちのひとつ。

何年か前に、ウィッシュボックスを作っていただきました。こちらのウィッシュボックスは、制作者の方が申込者のガイドに繋がって作られるので、世界に一つだけのウィッシュボックスになります。(こちら⇒あなたの魂の輝きを形に - マグノリア・アーツ)

半年待って送られてきたウィッシュボックスには、二羽の鳥が。しかも青い鳥!すぐにこぶだとわかりました。

f:id:chikura-animal:20181110132533j:plain

制作者の方には、もちろん我が家のペットの話も、自分自身の話もまったくしていません。

制作者の方のメールに受け取ったメッセージがあり、「二つの方向から見ている」と。

今でもその「二つの方向から」の意味はわかりませんが、こぶはずっと私のことを見守っているという言葉が本当だったのだとわかりました。

 

そして現在もこぶは、私のアニマルコミュニケーションをいつもお手伝いしてくれています。

私がアニマルコミュニケーションをする時は、必ず私の左の肩にとまってます^^

f:id:chikura-animal:20181110140931j:plain

 

たった45gの小さな命。

その命が、私の生きる道を、私の運命を変えてくれたのです。

あとでわかったことですが、私をアニマルコミュニケーターに導いたのはこぶでした。

偶然はすべて必然。

人との出会いもですが、動物との出会いも必然であり、すでに決められていたことだと思います。

 

長くなりましたが、これで私が「アニマルコミュニケーターになろうと思ったきっかけ」は終わりです。

すべて読んでくださった方、どうもありがとうございました。

 

 

 <お知らせ>

毎月下旬頃がセッション期間となっています。

今月は11月16日(金)~11月25日(日)となります。

詳細は下記のリンクをご覧ください。

chikura.hatenablog.com