君の声を聞かせて-chikuraのアニマルコミュニケーション

ペットちゃんの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraです。アニマルコミュニケーションで、ご家族の幸せの底上げをお手伝いさせていただきます。メールセッションの他、新宿・四ツ谷・荻窪・関東内のイベントで対面セッションもおこなっています。

もう生まれ変わってますか?

先日出展させていただいたイベントで、亡くなったペットちゃんのセッションが多かったのですが、みなさん不思議と「もう生まれ変わってますか?」とご質問されてきました。

今までも亡くなったペットちゃんのセッションをさせていただいたことはありますが、みなさんがすべてそういう質問をされるとは限らないので、なぜ今回みなさんがお聞きするのだろう?と思い、生まれ変わりについて記事にしてみたいと思います。

 

私は亡くなってからの世界は詳しくはわかりません。

もちろん生まれ変わりも信じてますし、私自身も以前友人にセッションをしてもらった時、たくさんの人間に生まれ変わっていることを教えてもらってますし、その時の感情を覚えていたりしました。

現在一緒に暮らしている柴犬の小藤は、私と過去世で茶トラの猫として一緒に暮らしていたり、ウロコインコの青葉の過去世は鷹でした。

10年前亡くなったボタンインコのこぶは、私の過去世でよく庭に来ていたスズメ(今世ではその恩返しでやってきています)。

 

アニマルコミュニケーター講座は二つ受講してますが、2人目の先生が「今自分が生きている間に同じ子が生まれ変わることはないとおっしゃっている人もいる」ということを教えていただいたことがありました。

でも先生の今一緒にいるわんちゃんは、昔飼っていたセキセイインコだったそう。(だから肩に乗るのが好きなわんちゃんだそうです^^)

なのでそれぞれ意見があるのかもしれませんね。

どれも今生きてる間に目で見て確認できるものではないので、自分が信じるものを採用すればいいのかな、と私は思っています。

 

私自身がセッションでお聞きしたことのある子たちは、すでにもう生まれ変わることなく光となった子もいれば、別の飼い主さんのところに生まれ変わっている子もいたり、同じ飼い主さんのところに生まれ変わっている子(まだ一頭だけですが)もいます。

 

ただ年数が余りたっていない場合は、まだ生まれ変わっていない子が多かったです。

でもその子達に聞いてみると、あちらの世界には神様みたいな人がいて、その人に自分の希望を申請するとみんな言います^^

おもしろいですよね。日本の役所みたいに申請書類を提出するみたいで(笑)

わんこだった子が「次は猫を希望してる」と言う子もいれば、「次は人間の男性を希望してる」という猫ちゃんもいました。

 

それらを飼い主さんにお伝えすると、やはり自分の元に生まれ変わって欲しいという気持ちがあるので、「うちに来てと言ってください」とおっしゃる方もいらっしゃいますが(もちろんその子にお伝えします)、決めるのは私達ではないので、残念ながら自分の希望通りになるとは限りません。

 

人間も動物も、何かを学ぶためにここにやってきているので、もしかしたら新たなペットちゃんがやってくることもあるでしょうし、人間同士でも必要な時にその人に出会うことはありますしね。というか、生まれる前にすべて決めているのですが。

そう考えると、神様らしき人に申請したと言っても、きっと「これでいい?」の確認書類みたいなもので、動物も自分の魂の学びを深めるために次回のことは決めていて、神様らしき人と相談するのだと思います。

だから飼い主さんも自分の希望が通らなくても、その子の学びのために、その子の意思を尊重してあげられるといいですね。

 

f:id:chikura-animal:20181110140931j:plain

生まれ変わらずとも、10年前に亡くなったボタンインコのこぶは、亡くなってからしばらくは私の守護ガイドだった時があります。

私がアニマルコミュニケーターを目指すきっかけとなった子なので、直接こぶに聞いた時はすごく納得しました。この道をガイドしてくれたのだと思います。

今こぶは私の守護ガイドではありませんが、こんなふうに目に見える形でなくても、そばにいる場合もありますよ(*^_^*)

 

 

■ペットちゃんとさらに絆を深めるアニマルコミュニケーターchikuraの

12月のセッションはお申込み受付中です!

 【セッション期間】2018年12月15日(土)~12月22日(土)

 【お申込み締切日】2018年12月14日(金)

 詳細は下のリンクをご覧ください。 

chikura.hatenablog.com