君の声を聞かせて-chikuraのアニマルコミュニケーション

ペットちゃんの気持ちを伝えるアニマルコミュニケーターchikuraです。アニマルコミュニケーションで、ご家族の幸せの底上げをお手伝いさせていただきます。メールセッションの他、新宿・四ツ谷・荻窪・関東内のイベントで対面セッションもおこなっています。

心と言葉が一致しない

人の発する言葉が、その人の心と一致していないと動物は見抜きます。

・・・とわかっていながら、先日「やっちゃった~」というお話を。

 

※お食事中の方は、あとでお読みくださいね。

f:id:chikura-animal:20181106145018j:plain

ある日の愛犬・小藤のお散歩中でのこと。

(小藤はトイレは外派です)

 

前日の深夜、小藤が吐いてしまい、食べた物も全部出てしまったようでした。

いつもお散歩ではすんなりうんちが出るのに、その日はなかなかしません。

前日に吐いてしまったし、出にくいのか出すものがないのか?

なので、

「こふちゃん、無理しなくていいよ~。おうちで出せたらしようね」

と何度か声を掛けました。

結局その後、無事うんちをしました。

 

そして、普段滅多に我が家の子とはアニマルコミュニケーションをしないのですが、なんとなくその日はしてみたんです。

 

「こふちゃん、今日一番楽しかったことはなぁに?」

と聞くと、お散歩で行った公園のある場所を映像で送ってくれ、

「あそこで走ったのが楽しかったよ」と。

 

それから、

「じゃあ、今日一番イヤだなーって思ったことはなぁに?」と聞くと、

「うんちの時、ママがプレッシャーかけてきたこと」と。

 

え?え?え?

 

と思ったんですが、そうなんです・・・

上記の通り、「うんちは無理しなくていいよ。おうちでしよう」と何度か声を掛けたけど、正直「このお散歩中にしてくれると助かるな~」と思っておりました^^;

「ホントはしてくれたらいいけど」と私の気持ちを小藤はわかってたので、その声掛けがプレッシャーとなったのですね。

f:id:chikura-animal:20181106145129j:plain

子の心 親知らず・・・

 

ペットにお話する時は、言葉と心を一致させましょう。

私も気を付けます(~_~;)

 

 

<お知らせ>

毎月下旬頃がセッション期間となっています。

今月は11月16日(金)~11月25日(日)となります。

詳細は下記のリンクをご覧ください。

chikura.hatenablog.com